沖縄の求人情報

沖縄県は日本の他地域に比べ出生率が高く、少子化は無縁の地域と言われてきました。

沖縄では、他の地域に比べ比較的物価が安く、子供を産み育てやすいということなどがその要因として挙げられます。

また沖縄では、3人の子供がいる家庭も多くなっている点も少子化が進みにくい要因となっています。

特に、沖縄県内でも離島の出生率が飛びぬけて高くなっており、全体の出生率を上げる要因となっています。

しかしここ数年、沖縄でも少子化の流れが進んできています。

その為、沖縄県でも少子化問題への対策として、例えば地域によっては3人目の子供は保育料を無料とするなどの対策が行われてきています。

その他にも保育所や保育士育成による育児環境の整備や、自治体による育児サポートなど様々な対策が行われてきています。

また、沖縄での独自の問題として産婦人科医の不足ということなどが挙げられており、本土から産婦人科医を呼び込むなどの対策も行われてきています。